貯金@情報館 方法・節約


もう少し規模を大きくした貯金

こうした小銭をためる、という工夫も必要ですが、もう少し規模の 大きな貯金についても並行して考えておきたいもの。自分が働いて いる状態だとしたら、どのように毎月貯金をしていけばいいので しょうか。いい方法を考えてみましょう。

やはり貯金をするコツは、「知らないうち」に、「いつのまにか」 たまっている、という状態。それに一番いいのは、「自動引き落とし」 のような積み立てなのではないでしょうか。一番みんなが利用して いるのは、会社の財形や社内預金などの方法です。

これらの貯金は、給与口座から給与振込みと同時に引き落としに なるので、手元にきてから貯金を捻出する、という必要がありません。 最初からなかったものとして積み立てができますし、気づかないうちに まとまった額に貯めていくことができます。また、こうした貯金をする ときにもう一つ重要なのは、貯金や財形を引き出せるカードを作らない、 という方法です。それでも緊急のときは、しかるべき方法をとれば 貯金を引き出すことができます。

ただし、それには煩雑な手続きが必要になりますので、本当に必要な とき以外は使うのをやめておこう、という気持ちになるようです。 こうして自分の気持ちに歯止めを掛ける工夫をするのも、貯金をして いくための一つのコツなのではないでしょうか。

また、これらのほかに、振込み口座を二つに分ける、という方法も あります。一つの口座のカードは持ち歩かない、という風にすると 知らないうちにかなりの額をためることができるそうです。

[PR]転職エージェントの選び方を解説!