貯金@情報館 方法・節約


貯金はみんなどれくらいしているのか

貯金について色々考えていますが、実は同世代の人がどのくらい の貯金をしているのか、ということは気になるところではありま せんか。独身と既婚者では貯金の意味も額も変わってくると 思いますが、たとえば自分が独身である場合、みんなどのくらい の貯金をしているのか、ということはやっぱりのぞいてみたく ありませんか。

平均すると、20代の女性は100万円とちょっとの額の貯金がある そうです。30代になると、もう少し堅実になり、現実的に結婚< なども視野に入れて考えるようになるので、もう少し貯金の額は 上がります。給与などが上がり、生活が安定してきているという こともありますが、平均すると400万円から500万円の貯金が あるそうです。

一番の理想としては、20代のうちに300万円程度の貯金を持つ ことでしょう。これだけ貯めておくと、その後の人生のために 上手に運用していくこともできます。また給与のうちどのくらい 貯金をするのか、ということは、自宅か一人暮らしかによって もちろん変わってきます。自宅で親と同居なら、手取りの半分 は貯金するのが目安です。

そのうちの何割かは親に渡している、という人もいますが、 家賃分と光熱費などを考えれば、やはり手取りの半分は貯金 できるでしょう。それに比べると、一人暮らしの人の貯金は かなりきついものがあるので、目標としては手取りの1割程度 から始めるようにするといいでしょう。その分、ボーナスなど で貯金に回せるといいと思います。