貯金@情報館 方法・節約


定期預金の賢い活用

では、定期預金についてさらに詳しく見ていくことにしま しょう。貯金をする場合、普通預金に全てを預けておくのは あまりよくない、という話をしました。金利は全体的に高くは ないのが現状ですが、少しでも利息をつけたいものですね。

そのため一部の自由になるお金を普通預金として残し、残りは 定期にするようにしましょう。ただし、万が一のことを考えて、 定期もいくつかに分けておいたほうがいざという解約のときに 全てを解約する必要がないので便利です。

定期は中途で解約してしまうと損になりますので、できるだけ ダメージが少なくてすむようにしておきたいですね。また、 今はそもそも金利は低めで推移していますので、できるだけ 有利なものが出てきたときに、そちらに預けなおすことが できるという方法を選んでおきたいですね。そのためにも、 定期預金の満期に1年と5年があれば、1年にしておいたほうが いいでしょう。

景気が上がり、金利も上昇したら、1年の満期であればすぐに 移し変えることができます。5年ものにしておくと、5年間は いじることができませんから注意しなくてはなりませんね。 金利は、やはり景気の動向とともに大きく変動する場合が あります。

今は低金利の時代ですしこれから上向く可能性が高いという ことと、現状でそんなに利息がついているわけではない、 ということを考え、短期で満期を設定しておくほうが自由に 動ける可能性が高い、ということになります。いつでも有利 なほうに動けるようにしておきましょう。



当サイト人気コンテンツ

確実に貯金を増やす方法
確実に貯金を増やす方法について、考えてみましょう。確実に貯金を増やすには、お金が入ったら確実に貯めることです。お給料日に即貯めて、臨時収入が入れば、即貯めます。1度、預金通帳の中に・・・ 続きを読む

貯金と節約
お金を効率よく貯めるには、貯金と節約は深い関係があります。ここでひとつ知っておきたいのが、貯金には3つの原則があります。貯金の三原則として、貯金の期間をどの程度にするか選択するのに、・・・ 続きを読む

貯金の平均額
貯金の平均額は、年代別に分けると、どのぐらいの金額でしょうか。貯金の方法の種類によっても格差が生じると思います。お金に関することは、なかなか人にはストレートに聞けないものです。それでは・・・ 続きを読む

【その他・人気コンテンツ】
   ★ 生活をよく見直す
   ★ みんなどれくらい?
   ★ 普通預金と定期預金
   ★ 定期預金の賢い活用
   ★ 低リスクの運用【国債】
   ★ 外貨預金について