貯金@情報館 方法・節約


貯金と節約

お金を効率よく貯めるには、貯金と節約は深い関係があります。ここでひとつ知っておきたいのが、貯金には3つの原則があります。貯金の三原則として、貯金の期間をどの程度にするか選択するのに、1つの期間だけでなく、短期での貯金もあれば、中期、長期間といったかんじで分けておくといいですね。

銀行の金利は低金利ですが、預入期間により、金利に格差が生じます。店舗型の銀行の場合、預入期間が長いほど金利が高くなりますが、ネットバンキングでの定期預金では、必ずしもそうではなく、1年ものがいちばん金利が高くなっているところもあります。そのようなメリットを活かして、複数に分けてお金を預けることをおすすめします。そして、それぞれ目的別に貯蓄することです。

短期間の貯金は、1年 〜 5年、中期は5 〜 10年、長期間は10 年以上で、老後に向けての貯蓄といったかんじで用途別に分けておくといいでしょう。短期間の貯蓄では、車の購入資金、中期間では家の購入といったかんじで、長い目でこれから先のライフプランを考えてみましょう。

そして、効率よく貯金をするなら、節約上手になることですね。主婦向けの雑誌の特集記事を見ると、「1年間で確実に貯まる」といったような見出しが並び、主婦の知恵を活かした節約法が紹介されています。あまり、節約節約とむきになるのもどうかと思いますが、節約を日々の生活の中に取り入れて、上手に楽しく、そしてさりげなく節約をして、貯金にまわしましょう。

節約上手になるには、いろいろと発見する楽しみを持つことです。新聞広告のチラシを見たり、ものを買わなくてもすむように、手作りしたり、こんなところから節約の楽しみを見つけることができます。