貯金@情報館 方法・節約


貯金の平均額

貯金の平均額は、年代別に分けると、どのぐらいの金額でしょうか。貯金の方法の種類によっても格差が生じると思います。お金に関することは、なかなか人にはストレートに聞けないものです。それでは、視点を変えて、貯金の方法やお金を増やすためになにかしていることについて、たずねてみてもいいでしょう。

近年は、FXやミニ株など、少額資金で始められる投資に人気が集中しており、投資といえばお金に余裕がある中年の男性がするもの、といったイメージでしたが、サラリーマンや主婦にも投資を始める人が増えてきました。インターネットや携帯電話の普及により、いつでもどこからでも投資ができるようになり、預金の金利が低く、お金を貯めるという考えから投資をして増やすという考え方に変化しつつあります。

貯金には、郵便局や銀行の定額貯金や定期預金などがあります。銀行では外貨預金も取り扱っています。貯金の方法については、定期預金はどんな銀行がおススメなのか、人にたずねてもいいでしょう。貯金の平均額については、人それぞれ職種の違いにより、お給料の額や収入と支出の関係にもよると思います。

性別に関係なく、20代の独身者と30代の独身者では、30代のほうが勤続年数が長いので貯金の平均額は多くなります。ライフスタイルによっても、貯金の平均額が変わると思います。結婚して専業主婦になる人もいれば、結婚後の仕事を続けて共働きの人もいます。ひとりあたりの平均貯金額は、300 〜500万円ぐらいだと思います。

貯金を効率よく行うには、定額貯金や定期預金もオススメですが、少額資金で無理のない程度に投資をして、資産を増やすという考え方もあります。また、知らないことで損をすることもあります。医療費控除について確定申告すれば、医療費が戻ってきます。貯金だけでなく、税金の仕組みを知っておくことも大切です。